ソリューション コンサルタント ソフトウェア開発



   ■2008年7月10日

   ■2008年6月30日

   ■2008年6月20日

講座のバックナンバーをご希望の方は
メールにてお申し込みください。

 kworknews@kwork.jp

・氏名・会社名・所属を
 ご記入ください。
・ご希望の講座名をご明記ください。


<シリーズ1>
「なるほど!ナレッジマネジメント」
(全十回)
 
<シリーズ2>
「なるほど!ミドルマネジメント」
(全十回)

 



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ◆◇--------------------------------------------------------
        ナレッジワーク・ニュース
                        2008年6月20日発行
  --------------------------------------------------------◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは。ナレッジワークマネジメントです。

大阪は今日からまた雨マークが続く天気予報です。乾かない洗濯物と、
夏に間に合いそうもないシェイプアップが気になります。

それでは、ナレッジワークニュース第30号をお送りします。
お仕事の合間のほっと息抜きの時間にでも読んでいただければ幸いです。
----------------------------------------------------------------
今後配信を希望されない方は、お手数ですが、文末のメールアドレスに
空メールを送信ください。
----------------------------------------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  「なるほど!社内でコンサルタントを育てよう」講座 第八回
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 第八回 「知識と経験を整理する その2 経験を整理する」

前回の講座で、経験から学んだことを「知恵」として「知識」と区別している
とお伝えしました。

誰でも小さい頃は、遊びの中から様々なことを学び「生きていくための知恵」
として身につけてきました。
また、大人になってからも、新入社員の頃は一生懸命に仕事やマナー、
周りの人々との付き合い方を覚え「働くための知恵」として身につけてきました。
歴史を紐解くと、戦争や飢饉、疫病などから、法律や農工業、医薬の改良を行い、
「人間らしく生きる知恵」を社会として身につけてきました。

経験とは自分や社会の将来に役に立つ知恵を生み出す源泉となります。

しかし、すべての経験が役に立つ知恵を生み出すとは限りません。
「経験をどのようにすれば知恵として活かせるようになるのか」
そのためには3つのステップを踏む必要があります。

1.経験から何かを掴む
2.掴んだものを整理する
3.整理されたものを知恵にする

まず、経験から何かを掴むためにはどうすればよいのでしょうか。

子供の頃、新しい環境、追い込まれた状況等、経験を知恵に変えることが出来る
ようなときは、目も耳も鼻も皮膚も、そして勘も、人間の持つすべての感受器を使って
経験しています。つまり、
・五感を広げて経験すること
が重要になります。

新しい、苦しい、悲しい等の状況では、人間誰しもが
・見たくない、聞きたくない、やりたくない
など感受器を塞ぎたくなります。しかし、そういう状況ほど五感を広げると、
知恵を生み出す「何か」を掴むことにつながります。
知恵を持つベテラン社員ほど、厳しい苦しい状況を経験しています。

続いて、経験を知恵にするためには掴んだ何かを整理しなければなりません。
そのためにはまず、掴んだ何かを「何の役にたつのか」の目的で整理する必要があります。

目的とは
1.出来たことを確実に将来も行うため
2.失敗を二度と繰り返さないため
3.さらなる新しい成功をするため
があげられます。

経験を「使う目的によって整理する」ことが知恵に変える第一歩です。
そして、整理された経験を時系列で整理すると知恵の原型が出来上がってきます。

例えば、出来たことを確実におこなうために掴んだ何かを時系列で整理すると
「業務ルールやマニュアル」の種が出来上がります。
失敗を二度と繰り返さないため時系列で整理すると
「チェックリストやべからず集」の種が出来上がります。

ここで難しいのは3番目の「さらなる新しい成功をするため」の整理です。
この目的で整理するためには、前段の経験をする段階で仮説を持って経験を
しておく必要があります。
読者の皆さんの身近な業務でいうと「実験やテスト」が「仮説経験」であり、
その「分析検証」が「新しい成功をするための整理」にあたります。

これを日頃の業務で実践するためには、
・新しいことに取り組む意欲
・常に仮説を持って取り組むこと
が重要になります。
中堅やベテラン社員、リーダーやマネジャーに忘れてほしくない
経験の整理の仕方です。

最後に整理された経験を知恵にするためにはどうすれば良いのでしょうか。
まず、誰のために整理するのか、つまり
「自分のために」か、「他人や社会のために」かを考える必要があります。

経験を自分のために整理し知恵とすることは、プロ野球のイチローや
松井のような名プレーヤーを育てます。読者の皆さんのお仕事でいうと
素晴らしいエキスパートエンジニアを育てます。

しかし、名プレーヤーは名コーチや監督にならない・・・と言われるように
個人の経験を他人が学ぶことは難しい。
「人間は経験に学び、歴史に学ばない動物である」と先人は言っています。

個人の経験を個人の知恵とする方法と他人つまりチームの知恵とする方法は異なります。

次回は「知識と経験を整理する その3」として「個人とチームの知恵化」について論じます。

                          (筆者 大坪 秀昭)
----------------------------------------
過去の講座をお読みになりたい方は、こちらのアドレスへご連絡ください。
   kworknews@kwork.jp
※講座名と氏名・会社名・ご所属をご記入ください。

<シリーズ1>「なるほど!ナレッジマネジメント」講座(全十回)
<シリーズ2>「なるほど!ミドルマネジメント」講座(全十回)
<シリーズ3>「なるほど!社内でコンサルタントを育てよう」講座(連載中)
・第一回 社内コンサルタントって何?
・第二回 論理的な思考をする
・第三回 自分に合った論理的思考方法その1 正しく理解する
・第四回 自分に合った論理的思考方法その2 情報の整理方法
・第五回 自分に合った論理的思考方法その3 原因と対策の考察
・第六回 自分に合った論理的思考方法その4 思考と行動パターン
・第七回 知識と経験を整理する その1 知識の整理方法
────────────────────────────────

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          『TATSUJIN式 PartsC.5』発売中
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

設計品質向上と根本的コストダウンが図れる新しい設計支援ツールとして
ご好評をいただいております『TATSUJIN式 PartsC.5』。

発売開始後、既に多数の日本を代表する企業様よりご購入を頂いております。

もっともっと多くの企業様に「知って頂きたい」「実践して頂きたい」
との思いから、各地でワークショップセミナーを開催しています。

ご参加頂きましたお客様には、ご希望の方に30日間体験版を差し上げています。

当社のホームページから、ワークショップセミナー申し込み、
内容パンフレットや価格表のダウンロード、お見積依頼もできますので、
是非弊社ホームページ(http://www.kwork.jp)をクリックしてみてください。

■商品名 TATSUJIN式 PartsC.5
■価格  \198,000(税込\207,900)より
■販売店 株式会社ISIDテクノソリューションズ 株式会社大塚商会

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          セミナー・勉強会 開催のお知らせ
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[セミナー講演]

■新3次元設計セミナー
  2008年7月24日(木) 名古屋

*セミナー詳細・お申込はこちら-> http://www.kwork.jp/seminar.html
  -------------------------------------------------------------
[ワークショップセミナー]

■コスト半減化ワークショップ
   〜機能・手段見直し、部品点数1/2化に向けて〜
  2008年6月26日(木) 名古屋

*ワークショップ詳細・お申込はこちら-> http://www.kwork.jp/seminar.html
─────────────────────────────────
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
◆◇編集後記◇◆

梅雨明け→夏到来を意識した途端に気になっているものがあります。

女芸人がウェスト20cm減を達成した「コアリズム」。

コアリズムはラテンダンスをベースにした腰振り運動でウェストを
引き締めるというもの。このDVDセットがいいお値段なのです。
友人たちに評判を聞いてみると、
「持ってるよ。でも一回しかやってないから効果はわからん」
「私も持ってるけど、三回やって、飽きた・・・」

やっぱり持ってたか。そしてやっぱり続かなかったか。
去年のビリーと一緒じゃないの!

とりあえず友人から借りることになり、ついでに集まろ、この季節
やっぱりビール飲み放題やね、ということになりました・・・。

                (ナレッジワーク・ニュース事務局 片岡)
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
  ----------------------------------------
最後まで読んでいただきありがとうございます。
ナレッジワーク・ニュースは毎月5日・15日・25日に発行します。
皆さんからのご意見もお待ちしております。

▼メール配信停止はこちらのアドレスに空メールをご返信ください。
   kworknews0@kwork.jp
▼ご質問やお問い合わせ等はこちらのアドレスへ。
   kwork_support@kwork.jp
******************************************************************
発行:株式会社ナレッジワークマネジメント
ナレッジワーク・ニュース事務局 片岡はる
      http://www.kwork.jp
      〒553-0003 大阪市福島区福島5-13-18 福島ビル706室
     TEL:06-6456-5566 FAX:06-6456-5567
******************************************************************
Copyright(C) 2008 Knowledge Work Management Corporation
All Rights Reserved.


  ページのTOPへ


Copyright (C) 2010 knowledge work manegement. All Rights Reserved